勉強会資料
  
                   KSN勉強会資料

1・文字入力に便利な機能

*・漢字変換・確定の基本操作 キー割付

*・上書き・挿入モード   Insert

*・変換・次候補      スペース

*・全文確定        Enter またはCtrlM

*・先頭1文字確定     PageDownROLLUP

*・末尾1文字確定     PageUpROLLDOWN

*・ひらがな変換      F6またはCtrlU

*・カタカナ変換      F7またはCtrlI

*・半角変換        F8またはCtrlO

*・無変換         F9またはCtrlP

*・半角無変換       F10

*・文字の削除と一行挿入  キー割付

*・カーソル位置の左1文字削除  BackspaceまたはCtrlH

・カーソル位置の右1文字削除
  Delete

・カーソル位置の左全文字削除  ShiftCtrlBackspace 

*・カーソル位置の右全文削除   ShiftCtrlH

・カーソル位置の1行・レコード削除 ShiftDelete

・空白行1行・レコード挿入 ShiftInsert 


1・編集に便利なキー機能

*・基本操作         閲覧・編集モード

*・ヘルプ表示        F1

*・ワード・エクセル終了   Alt+F4(むやみに押さない事)

*・範囲の指定先切り取り   CtrlX

*・範囲の指定先コピー    CtrlC

*・貼り付け         CtrlV

*・編集の許可/不許可の切替   F2

*・拡張ウィンドウを表示/非表示CtrlEnter

*・データ編集        閲覧・編集モード

・レコードの追加      F4 / ShiftCtrlInsert

・レコードの挿入      ShiftF4 / ShiftInsert

*・データ編集        編集モード

*・文字削除         Delete

・前文字削除        文字の削除・挿入参照

・改マークの入力      CtrlM

・1つ上のセルと同じ項目値を入力 F5

・1つ上のレコードと同じ値を入力  ShiftF5

・追加領域のデータを閲覧編集領域へ反映 F7


カーソルの移動      閲覧モード


・上のセルへ移動・1文字上へ移動    

・下のセルへ移動・1文字下へ移動    

・左のセルへ移動       / ShiftTab

・右のセルへ移動       / Tab

・追加領域へ移動      F4

・帳票領域へ移動      F6

*・先頭レコードの先頭項目へ移動 CtrlHome

・最終レコードの末尾項目へ移動 CtrlEndまたはHELP

・カレントレコードの先頭項目へ移動   Home 

・カレントレコードの末尾項目へ移動   EndまたはHELT 

・ジャンプメニューを表示    CtrlJ

・次レコード左端へ移動     CtrlZ

*・カーソル移動         編集モード

*・上・下・左・右のセルへ移動  閲覧モードと同じ

*・1文字上・下・左・右へ移動  閲覧モードと同じ

*・追加領域へ移動        Ctrl

*・閲覧編集領域へ移動      Ctrl

*・帳票領域へ移動        閲覧モードと同じ

*・カレントセルの文字列先頭へ移動   Home / CtrlHome

*・カレントセルの文字列末尾へ移動   End / CtrlEnd

*・ジャンプメニューを表示    閲覧モードと同じ

*・次レコード左端セルへ移動   閲覧モードと同じ


*・ノートパソコンの特殊キー機能


・テンキーのないノートパソコンの場合、大量の数字を入力する
  場合など動作を早くするために利用するFnファンクションキー
  があります。

Fnキーと指定されたキーを一緒に押す(機種によってはNumlook
  など)と・付近をテンキーとして利用することができます


・ここでFuキーと一緒に押すキーは、パソコンの種類によって異
  なりますので、パソコンに付属の説明書を読みどれを利用するの
  か確認しましょう。また 元に復旧する場合もパソコンによって
  異なりますので合わせて確認しておきましょう。

・キーボードの一部をテンキーとするほかにも、画面の明るさや
  スピーカの音量調整・など
Fnキーと組み合わせて使うことで

  便利な操作を行うことができます。

・組み合わせるキーはパソコンによって異なりますが、Fnキーの
  文字の色と同じ色で機能を表す絵記号が書かれているなど、
  どのキーと組み合わせて利用できるかがわかりやすく工夫され
  ています。
 

お話箱へ戻る
担当者へメール