キーボードについてキーのグループ

キーの種類と機能(機能1/4)

機能1文字やスペースの入力と削除のため
  文字・数字キースペースキータブキー
  バックスペースキーデリートキー

機能2確定(改行)と取り消しのため
  エンターキー|エスケープキー

機能3他のキーとの組み合わせで働く
  シフトキー|コントロールキー|アルトキー

機能4状態の切り替えのため
  半角/全角キー|カタカナひらがなキー|インサートキー
  キャプスロックキー|ナムロックキー

 

  機能1文字やスペースの入力と削除のために使われるキー

  
     ■ 文字・数字キー

      キーに刻印されているアルファベット、ひらがな、記号、句読点
      などが入力できます。キーの上下左右に別々の文字や数字が
      表示されていますから、そのうちどれを入力するかを決める
      操作が必要です。

: 「Shift」キーを併用
: 通常入力
左側: 直接入力時および日本語入力時で
     「ローマ字入力」方式の場合
右側: 日本語入力時で「かな入力」方式の場合

    例)「#」を入力する(かな入力でない場合)

を押しながら
(同時ではない)

 

   
   ■ スペースキー (無地のキーです)

      ・ 文字通り、スペース(空白)を入力します。
  
         

      ・ 文字入力で日本語変換のときに、変換の候補を
       切り替える機能もあります。

 

  
   ■ タブキー ( Tab )

      ・ カーソルの位置を一定の幅、進めることができます。
      ・ 文章作成で箇条書きの文の頭をそろえたり、色々な
       アプリケーションで次々と「項目の頭」をジャンプして
       進んでいけたりします。
  
         

      ※Tab(tabulator): 
        もともとタイプライターの図表作成装置のことを
        差しています。

 

  
   ■ バックスペースキー ( Back Space )

      ・
カーソル位置のひとつ前の文字を削除します。
   
         

 

バックスペースキー


左の文字を
削除できます

右の文字を
削除できます

デリートキー

 

  
   ■ デリートキー ( Delete )

      ・
カーソル位置のひとつ後ろ文字を削除します。
      ・ 選択して文字が反転している部分の文字を削除します。
       (削除したい部分をマウスでドラッグして選択)
       ※ Delete は「削除する」という動詞です。
   
         

 

キーボードについてキーのグループ